ロンボク島からバリ島へ、ローカルフェリーの旅

旅行の時期

View682

photo
チェックアウトの朝。ロンボク島のクタビーチは天気が好く波も静かで名残惜しい。
photo
ロンボク海峡を通過。右にバリ島のアグン山。
photo
前面硝子戸の部屋は見た目はいいが、プライバシーに難がある。
photo
ちょっと待って。
photo
レンバール11:30出航予定が12時過ぎに乗船で、出航は1時間遅れ。まあこんなもの、事故がなければそれでOK。
photo
パダンバイビーチ・ホームステイは前回と同じプール前の部屋。1泊朝食付50万Rpというのを少し値引きしてもらう。
photo
入江でも夕暮れまで子どもたちが遊んでいる。
photo
クタの町で。どこへ行くのか、ササック族の女たち。
photo
入江の中は小型船の船溜まり。美しい渚沿いに宿が並ぶ。
photo
わたしも一緒に泳がせてもらう。
photo
タンジュンサリ岬を通過してパダンバイ港へ。
photo
プールを利用しているのは地元の子ども。
photo
船溜まりの向こうが大型船のターミナルだ。これは乗ってきたのとは別の船。
photo
船溜まりの向こうが大型船のターミナルだ。これは乗ってきたのとは別の船。
移動日は好天。ノボテルロンボクを朝9時30分出発予定が、迎えは10分ほど早めだ。それは宿を周って旅行者をピックアップしていくのだった。ロンボク・クタも西洋人旅行者多く、どこも同じね。
レンバール港には10時45分ころ到着、11時30分という乗船開始を待つ。
船が何時になるかは時の運という心境。この日はレンバール港出航12時30分、パダンバイ港入航が16時10分ころだったからまずまずだろう。
ロンボク・クタからバリ島パダンバイまでの運賃は13万5千Rp.(約1,200円)でした。

パダンバイの宿は前回と同じ、パダンバイビーチ・ホームステイ。ファシリティはホットシャワー・エアコン・シーリングファン・冷蔵庫。WiFiなど。部屋は広くきれい。

洗面台にコップがないので借りる。潮風にあたった衣類を洗濯したいのだが、洗面台の栓が止まらない。プールで洗濯は無理だし。
WiFiはさくさく入る印象だが、ネットゲームが有害サイト扱いではじかれる。

ここで特筆できるのは宿のレストランから渚までの距離。
海岸通りを挟んでおよそ10m くらいしかない。入江の波が静かだからこの立地で大丈夫なのだろう。

記事登録日:2014-05-25

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 457件
  • コメント 1,421件
  • アルバム 2,001枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。