パダンバイの朝

旅行の時期

View664

photo
パダンバイの早朝散歩。ガルンガンの前日。すでにガルンガンを迎える飾りを立てた店もある。
photo
林間から入江のようすがうかがわれる。右手に見えるのは高速船乗り場。
photo
パダンバイの入江は波がなく美しい。
photo
タンジュンサリの岬への道を上ってゆく。
photo
入江と反対側の祭祀場、パヨガンも人影はない。
photo
ガルンガンとヒンズー教寺院の祭礼とは関係ないのか、人の姿はない。
photo
プラ・シラユクティ寺院。でもプラー白雪で通じる。
photo
プラ・シラユクティ寺院。でもプラー白雪で通じる。
5月20日はガルンガン前日。朝の涼しいうちにパダンバイの岬、タンジュンサリを散歩する。
ガルンガンは日本のお盆のような年中行事で、ヒンズー教寺院の祭礼とは無関係のようだ。
パダンバイの静かな入江の景色はとても美しい。
午後のシャトルバスでウブドに移動する。ウブドまでは所要1時間10分程度。

記事登録日:2014-05-26

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 457件
  • コメント 1,421件
  • アルバム 2,001枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。